内装自慢!トヨタヴォクシーの運転席、二列目、三列目の使い勝手は?

軽トラから、スーパースポーツまで、車ならなんでも大好きな自動車ライターの元塚です。

5ナンバーサイズで2L以下のミニバンは、いまや日本のファミリーカーのスタンダードといってもよいでしょう。

各社、その性能や商品性にしのぎを削る中、変わらぬ高い評価受けているのがトヨタ・ヴォクシーです。

ライバルが自動運転や、ダウンサイジングターボといったある種の飛び道具?でアピールする中、ヴォクシーは比較的オーソドックスなつくりですが、使い勝手の良さが人気につながっているようです。

今回は、そんなヴォクシーの内装、それぞれのシートでの使い勝手や乗り心地について解説していきます。

【ヴォクシーの運転席】

先代に比べて低床化されたのが特徴ですが、運転席に座る位置は同じで見晴らしの良さは確保されています。

サイドウインドウの下端は先代よりも60㎜も下げられ、三角窓も実用的な面積です。

ステアリングには全車にチルト機構とテレスコ(伸縮)機構が装備されているので、座った全員がしっかりドライビングポジションをとることができるのも、基本がしっかりしている証拠です。

正しい運転姿勢をとれることは、運転のしやすさに直結します。

全体的に、非常にまじめな設計であることがうかがえます。

 

【ヴォクシーの二列目】

現行型ヴォクシーで、デビューした時のアピールポイントの一つが、ロングスライド機構です。

単にスライドさせるだけではなく、いったんシートが内側に移動してから後方にスライドするという凝った機構が組み込まれています。

これは、リアのホイールハウスをさせるための工夫ですが、操作自体はワンレバーで簡単です。

低床なことに加え、スライドドアを開けた際に、ドア部分の室内側床に段差がなく、足運びが楽なのも心配りが効いています。

 

【ヴォクシーの三列目】

全長を100㎜ほど延長した恩恵を一番感じられるのが三列目です。

先代では、正直緊急用の域を出ない広さでしたが、現行型ではロングドライブにも耐えられるだけの空間を確保しています。

インプレなどでは、騒音や振動の少なさといった意外な乗り心地の良さを指摘する声もあります。

ボディ側面に格納する関係から、やや座面が薄いのがネックですが、これは荷室とのからみで仕方がないかもしれませんね。

格納はワンアクションで、力も不要です。

 

【まとめ】

ヴォクシー、ベストセラーカーだけあって、室内の空間設計がしっかり練られているのがさすがです。

室内の質感も十分で、売れている理由もよくわかります。

お子さんのいる家族であれば、満足度は相当高いでしょう。

2017-11-01 | Posted in UncategorizedNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)