トヨタヴォクシーの中古車は?中古車価格の相場をチェック

軽トラからスーパースポーツまで、車ならなんでも大好きな自動車ライターの元塚です。

トヨタが誇る人気ミニバン、ヴォクシーですが、現行型は3代目に当たり、デビューは2014年です。

2017年にマイナーチェンジが行われて、新型に切り替わったライバル車に劣らない商品性の向上が図られています。

購入を検討されている方も多いでしょうが、ネックは価格。

ベース価格は2Lフルサイズのミニバンと考えればリーズナブルな価格に据え置かれているのですが、魅力的なオプションも多数用意されているので、あれもこれも、とつけていくと結構なお値段になってしまいます。

そこで注目されるのが、現行前期型(2014年~2017年)の中古車

ヴォクシーの中古車は果たして、買いなのか、いや、ちょっと待て!なのか、検証していきます。

【ヴォクシーの中古車相場】

現行型ヴォクシーは2014年にデビューしており、ちょうど最初の車検を迎える時期にあたるので、比較的中古車の流通量は多いようです。

もともとの新車価格は218万円~333万円となっていましたが、現在(2017年11月現在)の相場は最低価格が139万円、タマ数が多いのは210万円台と、正直あまり値落ちが進んでいない印象です。

マイチェン後の現行型が、強力なライバルに押されて、値引きが進み、オプション込みで35万円引きという声もあることを考えれば、中古車としての旨味はあまりないでしょう。

【ノアという手も】

ヴォクシーの兄弟車としてノアがあります。

かつてはノアが主流で、ヴォクシーは若者向きの変化球、という位置づけでした。

しかし、ヴォクシーの若々しいルックスに惹かれるユーザーが多かったのか、今やヴォクシーの方がメインになり、ノアが逆に引っ張られてルックスもヴォクシーに近付くという逆転現象が起こっています。

現在、ヴォクシーとノアは外見上以外、価格も含めて差がないのですが、相場でみると、ノアは最低価格が128万円、タマ数が多い価格帯は190万円台~200万円台とやや低くなっています

なにしろ中身は全く同じなので、よほどヴォクシーのルックスが気に入っている、とうのでなければ、選択肢をノアまで広げてみるのもアリでしょう。

【乗りつぶすなら先代モデルも】

ヴォクシーの先代に当たるモデルは2007年に登場しています。

年数が経っていることもありますが、100万円以下の流通量も多く、最多価格帯は70万円台となっています。

安い価格で、装備も充実した便利なミニバンが欲しい、というのであればこれも十分ありでしょう。

現行型との最も大きな違いはサイズで、先代モデルの方が全長が10㎝近くコンパクトです。

このため、3列目がちょっと窮屈なのですが、日常の取り回し性を考えれば先代の方が優れています。

さらに現行型よりも、外見上のヴォクシーとノアの差が大きいので、値落ち率はノアの方が大きくなっています。

安さに徹底的にこだわるなら、割り切ってノアの先代モデルを購入するとお得感は高くなります。

 

【まとめ】

現行型は、ライバル車の台頭により、値引きがかなり進んでいますが中古車の値落ちの方はいまひとつ。

そんな中、中古車としてのうまみが大きいのが、先代モデルです。

下手をすると現行モデルのオプション費用だけで購入できるような掘り出し物も見つかります。

価格にこだわる方は、先代の中古車も検討リストに加えてみることをおすすめいたします。

 

2017-11-01 | Posted in UncategorizedNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)